RODDIO-ロッディオ

オノフとダイワの技術を結集し、今までにないカスタムクラブを創造。チューニングをするクラブ、それがRODDIOロッディオです。

roddio products

RODDIOロッディオドライバーS-Tuning

roddio driver S-Tuninng  Carbon Hatch 

ドライバーヘッド「S-TUNING」は、ロッディオテクノロジーが結集したシャフト、「AMORPHOUS。 SLIM」の性能を最大限に引き出すために開発されたヘッドパーツです。 独自のチューニング方法により、スピン量や球筋、弾道の高さやアドレス時のフェースの向き等、あらゆる要素を自在に調整できるヘッドと、ヘッドスピードが自動的に向上し、かつ的確にボールを捉えてくれるシャフトとの組み合わせが、更なる飛距離アップを求めるお客様に満足いく結果を提供します。

 

 

RODDIO ロッディオアルファス・スリムシャフト

Amorphous Slim Shaft

「AMORPHOUS SLIM」は「自動的にヘッドスピードが上がる」、「自動的に正確なインパクトでボールを捉える」をテーマに、長年にわたって研究を重ね、何度も試作を繰り返しながら完成させたシャフトです。ハイスピードで撓りながらも、正確なインパクトを迎えるために安定したシャフト挙動を追求する。この相反する二つの要素を同時に実現するためにフィッシングロッドで培ってきたノウハウとゴルフシャフトを独自に開発・研究してきた経験と技術を惜しみなく投入したRODDOの最高峰シャフトを是非、ご堪能下さい。


ロッディオドライバーType-M

roddio driver type-M

ロッディオ ドライバーヘッド「Type-M」には、 長尺適応シャフト「M-Series」の性能を最大限に引き出すための設計が至る所に施されています。軽量のヘッドウエイトやスイング中のトゥダウンを抑制する重心設計等、長尺仕様のドライバーを誰もが易しく使いこなせるヘッドです。

ロッディオドライバーType-S

roddio driver type-S

ロッディオ ドライバーヘッド「Type-S」には、ミート率が向上するシャフト「S-Series」の性能を最大限に引き出すための設計が至る所に施されています。低スピン設計にもかかわらず安定した弾道が得られる重心設計やフェースに吸い付くようなマイルドな打球感等、上級ゴルファーが求めるあらゆる要素を盛り込むために、素材・構造・デザインのすべてが厳選されたヘッドです。

ロッディオドライバーS-Tuninng

roddio driver S-Tuninng

ロッディオ ドライバーヘッド「S-TUNING」は、「TYPE-S」ヘッドをベースに、その特徴である、「低スピン設計」、「安定弾道設計」、「フェースに吸い付くようなマイルドな打球感」に加え、「重心チューニングの自由度アップ」及び「長尺への対応」を可能とする軽量化されたヘッドです。


ロッディオフェアウェイウッド

roddio Fairway

11月19日追加スペック#4 Baffy 発売!ロッディオ フェアウェイウッドヘッドは、「飛距離性能」を第一の目的として開発されています。そして、「チューニング性能」を第二の目的とし、それらの為に、独特のハイブリット構造で設計され、各部材は精密なCNC加工により複合化されています。このような構造および材料構成により、飛び系FWの流行である「低くて浅い重心深度」ではなく、「低く、適度な深さの重心深度」を実現させ、飛距離性能は無論、「打ち易さ」、「操作性」にも優れ、更には、チューニング等カスタマイズ性にも優れたフェアウェイウッドへッドに仕上げました。

ロッディオユーティリティ

roddio utility

ユーティリティシャフト新登場。

ロッディオ ユーティリティヘッドには、高性能シャフト「I-Series」の性能を最大限に引き出すための設計が至る所に施されています。飛距離、高弾道、高スピン等、ユーティリティに求められるすべての要素がハイレベルで達成されている高性能ユーティリティヘッドです。

ロッディオアイアン

roddio iron

ロッディオ アイアンはポケットキャビティ構造を採用し「飛距離性能」と「やさしさを備える全モデルをベースに、「打球感へのこだわり」や「フィッティング性能に重要な調角範囲の拡大」、更に「番手別フローの再設計」や「ソール面への再設計」等々、軟鉄の採用だけに留まることなく、総合的に進化させたフォージドポケットキャビティアイアンです。


ロッディオ フェアウェイウッド用ソール

roddio Fairway Sole

RODDIOのフェアウェイウッドヘッドは、「飛距離性能」を第一の目的として開発されています。そして、「チューニング性能」を第二の目的とし、それらの為に独特のハイブリッド構造で設計され、各部材は精密なCNC加工により複合化されています。このような構造及び材料構成により、飛び系FWの流行である「低くて浅い重心深度」ではなく、「低く、適度な深さの重心深度」を実現させ、飛距離性能は無論、「打ち易さ」、「操作性」にも優れ、更には、チューニング等カスタマイズ性にも優れたフェアウェイウッドに仕上げました。