BALDO COMPETIZONE 568 STRONGLUCK DRIVER

BALDO COMPETIZONE 568 STRONGLUCK DRIVER

ALL DESIGNED TO EXTEND THE DISTANCE OF THE DRIVER
それは、飛ばすための要素を追求し続けているか

この言葉は、開発時に常に問いかける言葉です。

飛びの三要素と言われる、ボール初速・バックスピン量・打ち出し角度、この飛びの三要素が、常に高い次元で実現できるドライバーヘッドを追い求めて製品開発を行っています。

また、バルド打感と呼ばれる、ゴルファーの五感に訴えかけるインパクト時の心地良いフィーリングを生み出すためにボディー構造・フェース構造・特殊熱処理など、細部にも細心のこだわりを持ち創られています。

 

CAUSE KAMIKAZE IN YOUR HEART BY BALDO それは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムか

開発コードネームは「KAMIKAZE」

ヘッドスピードを加速させ、ヘッドの剛性をより高めインパクト時のボールにパワーを伝達する性能を向上させる、エアロフォルムボディーにデザイン、フェースにはレーザーミーリングスコアラインを通常のスコアラインの間に施し、ボールとフェースのより正確なコンタクトを生み出すことで、バックスピン量を最適に安定させる。

そして何よりも大切なことは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムであること、それこそがバルド。 

 

IT’S A DESIGN THAT GIVES THE SENSE OF PERFORMANCE もっとも大切なことは、それ自体が持つ性能をデザインから感じれるかどうかだ

構造・形状・色・大きさ・素材・質感など、製品を構成する様々な要素を理解し、何枚にもおよぶデッサンを描きながら頭の中のイマジネーションを具体化し、そこから一つの製品が生まれます。

品質に必要な厳格さ、そしてフォルムの均整の重要性をもとに構造はもとより、それ自体が持つ機能や性能をそのデザインから感じ取ることのできるフォルムを生み出し、トゥルーアビリティーを追求する。

それがバルドのデザインです。 

 

  BALDO COMPETIZONE 568 STRONGLUCK 420 DRIVER
 ヘッド体積  420㏄ 460cc 
ロフト角 8.5~11° 
ライ角 59° 
FA ±0 
重量 198~200g 
素材・製法 ボディー/8-1-1TI フェース/DAT55G鍛造カップフェース 
仕上げ ボディー/ブラックIPフィニッシュ フェース/サテンフィニッシュ 
ウエイト 標準装着:8g  別売:2g , 4g , 6g , 8g , 10g , 12g 

ヘッド単体販売価格 65,000円(税抜)

ヘッドカバー別売り 3,800円(税抜)

CONFORMING TO R&A / USGA SLE RULE (ルール適合モデル)

※ウェイト変更により重量を自由に変更することができます。

※LH(レフティー)モデルの設定もございます。【2019年3月頃発売予定】

※製品には表示スペックと多少の誤差が生じる場合がありますのでご了承下さい。

  • ご希望の組み合わせでカスタム致しますので、下記よりお問い合わせ下さい。

メモ: * は入力必須項目です